吉川元農水相を在宅起訴へ 「アキタフーズ」側から500万円受け取り


東京地検特捜部は、吉川貴盛元農水相(70)を収賄の罪で、近く在宅起訴する方針で詰めの捜査を進めている。

吉川元農水相は、2018年から2019年にかけて、大臣在任中に農水省の大臣室などで、鶏卵生産大手「アキタフーズ」の元代表から、現金500万円を受け取った疑いがある。

吉川元農水相は、特捜部の任意での聴取に対し、「預かっただけで返すつもりだった」と述べていたという。

現金が受け渡されたとみられる大臣室には、元代表がたびたび訪れていて、特捜部は、吉川元農水相を収賄、元代表を贈賄の罪で、近く在宅起訴する方針で詰めの捜査を進めている。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース