【独自】緊急事態 追加宣言「速やかに」 あす宣言で最終調整


新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は13日、大阪・京都・兵庫の3府県と愛知・岐阜のあわせて5府県に、緊急事態宣言を出す方向で最終調整に入った。

発令に踏み切る背景と今後の対応について、フジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者が中継でお伝えする。

政府内には、宣言の対象を地域ごとに追加していくことを疑問視する声がある一方、対象を一気に全国に拡大することには慎重な意見が出ている。

菅首相は、12日の自民党の役員会で、大阪などに宣言を出すことについて、「状況を見て、速やかに判断したい」と述べた。

政府関係者は、「都市部での感染者数の急増が、全国の感染拡大に与える影響が大きいと判断したからだろう」と説明するが、別の関係者は「明確なエビデンスに基づいて追加すべきで、結果として、政府の対応は後手後手だと言われる」と指摘している。

宣言は、大阪など3府県に加えて、愛知・岐阜を同時に追加する方向で調整している。

一方で、全国への対象拡大については、政府内で否定的な意見が多いのが現状。

菅首相は、13日に記者会見して、政府の判断について説明する見通し。

また12日午後には、首都圏の1都3県の知事と会談し、宣言発令の効果や問題点などを聞き、今後の対応策を協議することにしている。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース