トランプ大統領に弾劾決議案 異例の2度目

国際


アメリカのトランプ大統領の支持者が議会を襲撃した事件を受け、野党民主党は、トランプ大統領を弾劾訴追する決議案を提出した。

議会襲撃事件について、民主党は11日、トランプ大統領が支持者を扇動したとして、弾劾訴追決議案を下院に提出した。

13日にも審議され、可決されれば、トランプ氏は史上初めて、2回弾劾訴追される大統領となる。

しかし、トランプ大統領の退任までに、上院で有罪となるめどは立っていない。

また下院では、トランプ大統領を罷免するようペンス副大統領に求める決議案の審議が始まっている。

12日に採決し、可決される見通しだが、ペンス副大統領は罷免には応じないとみられている。

一方、20日のバイデン次期大統領の就任式に向けては、トランプ支持者による過激な抗議活動が警戒されているが、トランプ大統領は1月24日まで、首都・ワシントンの非常事態を宣言した。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース