トランプ政権がキューバをテロ支援国家に再指定 バイデン新政権に打撃

国際


残り10日を切ったアメリカのトランプ政権だが、11日、キューバをテロ支援国家に再び指定したと発表した。

ポンペオ国務長官は、テロ支援国家に再び指定したことについて、「キューバ政府が重大な犯罪容疑者の身柄引き渡しを拒んでいること」などを理由にあげている。

キューバのテロ支援国家指定は、オバマ前政権が2015年に解除しており、今回の決定は、これを覆した形。

バイデン新政権はキューバとの関係改善を目指していて、今回の再指定は、新政権の外交にとって痛手となる。

再指定について、キューバのロドリゲス外相は、「政治的なご都合主義であり、強く非難する」とツイッターに投稿して反発している。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース