20万円のはずが200万円! 前代未聞 なぜミス起きた?


バンク(競走路)の上を自転車が疾走、その順位を当てる、公営競技の競輪。

静岡市の静岡競輪場で、2020年12月31日、前代未聞のミスが起きていた。

レースを当てた男性が、的中券を払い戻すために競輪場を訪れた時のこと。

男性の的中券は、金額にして20万円。
しかし、窓口で受け取った金額は、なんと200万円。

実はこの時、200万円を受け取った男性の前には、本当に同じレースの200万円の的中券を持っていた人がいた。

さらに、マニュアルでは、2人以上で的中券を確認することになっていたが、当時、混雑していたため、これを怠っていた。

このため、10倍もの金額を渡してしまったという。

では、払い過ぎた180万円はその後、どうなったのか。

静岡市が返還を呼びかけたところ、男性が警察署を訪れ、誤って払われた180万円を返金した。

市の担当者は、「ミスはミスとして再発防止に努めていく」としている。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース