【速報】「このままでは医療壊滅に」 日本医師会が危機感


日本医師会の中川会長は、「このまま感染が拡大すると、医療崩壊から医療壊滅になってしまう」と危機感を表し、「人は一生に一度戦争を体験するというが、今がまさに有事の時だ」と述べ、特に若者に対して徹底した感染防止対策を行うよう呼びかけた。

日本医師会・中川俊男会長「医療崩壊の状況になってきている。さらにこのまま感染者数の増加が続くと、医療崩壊から医療壊滅になってしまうおそれがある」、「“人は一生に一度戦争を体験する”といわれる。まさに戦争を有事と置き換えれば、今がその時」、「政府にお願いします。すべての国民に明確な感染拡大防止のメッセージを繰り返し発信してください。国民の間に連帯感を持った、危機感・緊張感を再び呼び覚ましてください」

中川会長は、政府や自治体に対しても、「データがすべて基準を上回ってから対策を講じても遅い」と指摘し、欧米のような感染拡大が現実化しないよう、早め早めに対策を打つよう呼びかけた。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース