奈良や広島も注意 不要不急の外出控えて

社会 暮らし 医療・健康


奈良や広島などでも、注意が必要と指摘した。

日本感染症学会・舘田一博理事長「例えば群馬もそうだし、あるいは、奈良県、広島、宮崎、熊本、そういった地域もかなり数字はよくないですよね。今後どうなっていくのかということを見ていかなければいけない」

諮問委員会のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長は、緊急事態宣言の対象となる11都府県以外でも、注意が必要な地域があると指摘した。

そのうえで、緊急事態宣言が出ている間は、対象地域以外でも不要不急の外出を控えるなど、感染拡大を抑える行動をすることが大切と強調した。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース