接種1回で済み有効性66% J&Jのワクチン

国際


アメリカの製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは、新型コロナウイルスワクチンの治験で、66%の有効性を確認したという暫定結果を発表した。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは29日、およそ4万4,000人を対象に世界各地で行った治験の暫定結果を発表し、全体として66%の有効性を確認したと明らかにした。

有効性は地域ごとに異なり、アメリカでは72%、中南米では66%、南アフリカは57%だった。

また、南アフリカの治験の参加者に含まれる感染者のうち、95%は変異ウイルスに感染していた。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンは接種が1回で済み、一般的な冷蔵庫の温度である2度から8度で3カ月ほど保存できるとされ、2月上旬にもアメリカ当局に緊急使用が申請される見通し。

(FNNプライムオンライン1月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース