岸防衛相「看護師の負荷高い」 防衛医大病院を訪問

政治・外交 社会 医療・健康


岸防衛相は、新型コロナウイルスの患者9人が入院している防衛医科大学校病院を訪れた。

防衛医科大学校病院・平尚美看護部長「慣れているとはいえ、感染のリスク等もありますので、体力的、精神的負担はかなりあると思います」

岸防衛相は「コロナ病棟では、普段やらないリネンの交換やトイレの掃除など、看護師の負荷が非常に高い」として、「メンタル的な配慮も必要だと感じた」と述べた。

(FNNプライムオンライン1月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース