太陽電池生産から撤退へ 採算悪化でパナソニック

経済・ビジネス


パナソニックが、太陽電池の生産から撤退の方向。

関係者によると、パナソニックは、マレーシアや島根県の工場で太陽電池を生産しているが、2021年度中に、生産を終了する方向で調整しているという。

中国メーカーとの価格競争により、採算が悪化していることに加え、家庭用太陽光発電の国の買い取り制度の契約が順次満了を迎えていて、新規の需要が見込めないことも要因。

今後は、スマートシティー向けの再生可能エネルギー事業を拡大していくという。

(FNNプライムオンライン1月31日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース