コロナ禍人気の「恵方巻き」は... ウェブ予約は“2020年の倍”

経済・ビジネス 話題・トレンド 旅と暮らし


124年ぶりに2月2日となる2021年の節分を前に、1日、スーパー大手のイオンは、恵方巻きの販売をスタート。

予約した商品の受取場所として、特設のカウンターも作られている。

店頭での滞在時間を減らす感染対策や、フードロス削減のため事前予約を強化し、初めてウェブ予約限定の商品もラインアップ。

イオンリテール デリカ商品部・栄田悌さん「ウェブでの予約が、(前年の)約2倍ということで、大変好調に推移しています。予約商品で好調だったのは、こだわり商品。1つは『鮨よしたけ』監修の招福海鮮巻き」

1人1個の、いわゆる個食ニーズの増加から、初めて4分の1サイズの恵方巻きも登場。

そして、ネットスーパーで商品を注文すると、車に乗ったまま、店頭に行くことなく受け取ることもできる。

非接触で買い物をするニーズの急拡大で、ドライブスルー方式での受け取りもできるという。

(FNNプライムオンライン2月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース