中国で偽ワクチン 80人超逮捕 大量に製造販売

国際


中国当局は、新型コロナウイルスの偽物のワクチンを大量に製造・販売していたグループを摘発した。

中国国営メディアによると、北京市と江蘇省などの警察当局は、新型コロナウイルスの偽物のワクチンを製造・販売していた疑いで80人以上を逮捕し、3,000回分以上の偽ワクチンを押収した。

容疑者グループは2020年9月以降、注射器に生理食塩水を入れたものを本物のワクチンと偽って販売していたという。

中国では現在、医療関係者や流通などに関わるリスクの高い人を優先してワクチン接種を行っているが、警察当局は、接種は正規のルートで受けるよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース