月額36万円 帝国ホテルに“住む”プラン サービス付きアパート新業態

経済・ビジネス 旅と暮らし


泊まるではなく、住む。

老舗の帝国ホテルが始めた新たなサービスとは。

帝国ホテルが1日、予約の受け付けを始めたのは、ホテルに住むをコンセプトにした新事業、“帝国ホテル サービスアパートメント”。

新たなサービスでは、およそ30平方メートルの部屋に30泊36万円で滞在できる。

1泊あたりに換算すると、1万2,000円という値段で宿泊が可能に。

また、5泊15万円の短期滞在型のプランもある。

さらに新たなサービスでは、ホテルにあるプールやフィットネスジム、仕事用のワークスペースなども利用できる。

1階のラウンジでは、1杯1,500円以上の紅茶やコーヒーを自由に飲むこともできる。

一方で、通常のサービスから変更された点も。
その1つが、シャンプーや歯ブラシなどの客室のアメニティー。

帝国ホテル東京 宿泊部サービスアパートメント課・宮崎真理課長「客室アメニティー、到着日のみ用意をさせていただいておりまして、それ以降は、お客さまのお好みのものをご自身でご用意いただければと思っております」

さらに...。

帝国ホテル東京 宿泊部サービスアパートメント課・宮崎課長「ベッドのほうも3日に一度の清掃になりますので、その時にメイキングをさせていただきます」

帝国ホテル130年以上の歴史の中で、初めてという今回の月額サービス。

およそ900室ある客室の1割ほどにあたる、99室を充てる。

日本を代表する老舗ホテルが始める新たな挑戦。

“アフターコロナ”も見据えている。

帝国ホテル東京 宿泊部サービスアパートメント課・宮崎課長「テレワークで仕事をされる環境を求めているお客さまもたくさんいらっしゃるので、そういった方にもご利用いただきたいと思っておりますし、将来的には、海外からのお客さまが戻られたときには、こちらで長く滞在していただいて、日本をゆっくりと楽しんでいただけるような使い勝手をしていただければと考えている」

1日から予約が始まったこの新サービス、実際に泊まることができるのは3月15日から。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース