栃木 宣言解除へ...新たな心配も 支援金どうなる?


2月7日に期限を迎える緊急事態宣言について、政府は2日、対策本部を開き、栃木県を除く10の都府県で、3月7日まで延長する方針を決定する。

栃木県のギョーザの街では、緊急事態宣言が解除されたとしても、今後の営業に不安が残る。

宇都宮餃子会・鈴木章弘理事兼事務局長「1都3県を中心とした首都圏から、緊急事態宣言の解除された栃木県に来る方が増える可能性を考えると、まだまだ不安はある」

緊急事態宣言が解除されたあと、飲食店への自粛要請がどうなるのか、緊急事態宣言で6万円まで上乗せされている支援金が解除後どうなるか、懸念されている。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース