赤字航空会社の忙しい人々 復活のカギ 貨物とCA移住


記者のイチ押しネタを集めた「取材部ネタプレ」。

2日は、「ピンチの航空会社で多忙な人々」を、フジテレビ社会部・相沢航太記者がお伝えします。

2020年4月から12月期の連結決算で、ANAホールディングスが3,095億円、日本航空は2,127億円の赤字となりました。

新型コロナウイルスでの大打撃。

ところが、航空機が飛べない中、社内には、逆に多忙になった社員たちもいるようです。

ポイントは、「復活のカギは、貨物とCA移住」です。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース