ワクチンで小池都知事に区長要望 情報提供や接種費用調整を


東京都の小池知事は、23区の複数の区長と意見交換し、新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた体制作りを求めた。

小池知事との意見交換で、区長らは、国からの情報は、週替わりで変更されているような状況で困惑しているとして、ワクチン接種に向けた具体的な情報提供を求めたほか、ワクチン接種には、広域的な体制づくりが課題で、接種費用の調整や人材確保の働きかけを求めた。

小池知事は、都と区市町村、医師会の間で情報共有するため、3日から協議を始め、「ワクチンの円滑な接種ができるように進めていきたい」と述べた。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース