緊急事態宣言 3月7日まで延長 栃木県を除く10都府県


政府は2日午後、新型コロナウイルス対策本部を開き、11都府県に出している緊急事態宣言について、栃木県を除く10都府県を3月7日まで延長することを正式に決定した。

菅首相「緊急事態宣言の対象区域について、栃木県を2月7日で解除することとし、10都府県に変更するとともに、緊急事態措置を実施すべき期間を3月7日まで延長することとします」

菅首相は緊急事態宣言について、「全国の新規感染者数が減少傾向にあり、はっきり効果をあげている」としたうえで、「減少傾向を継続させ、入院者数、重症者数を減少させる必要がある」として、栃木県を除く10都府県について、3月7日まで延長する方針を表明した。

その一方で、「感染者が減少した地域は3月7日の期間満了を待たずに解除する」方針を示した。

宣言が延長される10都府県では、引き続き飲食店の午後8時までの営業時間短縮などが求められる。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース