ワクチン接種 2月中旬開始目指す 予定より前倒し

政治・外交 社会 暮らし 医療・健康


菅首相は記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンついて、「2月中旬に接種をスタートしたい」と表明した。

菅首相「(ワクチンは)今後有効性、安全性を確認したうえで、2月中旬に接種をスタートしたいと思います」

これまで政府は、まず、医療従事者への接種を2月下旬に開始したいとしていたが、菅首相は、2月中旬への前倒しを明言した。

高齢者への接種は4月から。

一方、政府がファイザー社のワクチンについて、承認と供給が順調に進んだ場合、早ければ2月14日にも第1弾を日本に到着させる方向で準備に入ったことがわかった。

輸送されたワクチンは、2月中旬にも始まる接種に使用される見通し。

(FNNプライムオンライン2月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース