「緊急事態」10都府県で延長 3月7日まで...栃木は解除


政府は、11都府県に出されていた緊急事態宣言について、2日夜、栃木県を除く10都府県を3月7日まで延長することを決定した。

菅首相「緊急事態宣言の対象区域について、10都府県に変更するとともに、緊急事態措置を実施すべき期間を3月7日まで延長することとする」

政府は2日夜の対策本部で、11都府県に発令した緊急事態宣言について、栃木県のみを2月7日で解除し、残る10都府県は、3月7日まで延長することを決めた。

医療体制は、依然、逼迫(ひっぱく)しているとの専門家の見解をふまえ判断した。

菅首相「国民の皆さんには、もうひと踏ん張りしていただいて、なんとしても感染の減少傾向を、確かなものにしなければならない。そのように判断をした」

菅首相は記者会見で、飲食店の営業時間短縮などの要請を続ける方針を示して協力を求める一方、「状況が改善された都府県は、3月7日の期限を待たず、順次宣言を解除する」と強調した。

一方、東京オリンピック・パラリンピックの無観客での開催について、菅首相は、「今後、内外の感染状況も勘案しつつ、安全・安心の大会を最優先に検討を進めたい」と述べた。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース