執行猶予取り消し「実刑」に 反体制派指導者 ナワリヌイ氏

国際


ロシアの裁判所は、反体制派指導者のナワリヌイ氏に対して、これまで出ていた執行猶予を取り消し、実刑に切り替える判断を示した。

モスクワの裁判所は2日、ナワリヌイ氏が2014年に詐欺事件で受けた執行猶予付きの有罪判決について、禁錮3年6カ月の実刑に切り替える判断を示した。

理由については、毒を盛られたあとに療養していたドイツの滞在先を当局に知らせなかったからだとしている。

弁護側は、控訴する意向。

ナワリヌイ氏は法廷で、「わたしを自由にしろ。しなければ、プーチン大統領は、毒殺者として悪名を歴史に残すだろう」と主張したが、退けられた。

この判断を受け、モスクワ中心部などでは反発した支持者が集まり、警察が一斉排除に乗り出している。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース