コロナ特措法 改正案成立へ 罰則+支援

政治・外交


新型コロナウイルス対策の実効性を確保するための罰則を盛り込んだ特別措置法や感染症法などの改正案は、3日夜の参議院本会議で成立する見通し。

改正案は、新型コロナ対策の実効性を高めるためのもので、入院を拒否した感染者や、営業時間短縮に応じない事業者への罰則と、支援などが盛り込まれている。

3日の委員会審議では、緊急事態宣言の前の段階で出す「まん延防止等重点措置」も含め、罰則の運用などについて、さまざまな懸念が指摘された。

社民党・福島瑞穂党首「国会議員がイタリアンに行って、粘って9時までいると。お客は処罰されないが、お店は、この法律が成立すれば、過料の制裁になるということか」

内閣官房 内閣審議官「店は8時まで営業時間変更に応じたのに、お客さんが居座るケースは、要請に応じていただいているということで過料の対象にならないと」

改正案は、3日夜の参議院本会議で採決され、自民党や立憲民主党などの賛成多数で可決・成立する見通し。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース