米巨大IT5社 軒並み最高益 巣ごもり需要で

経済・ビジネス 国際


アメリカの巨大IT5社の2020年10月から12月期の決算が出そろい、「巣ごもり需要」を反映し、いずれも過去最高益となった。

インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムの2020年10月~12月期の純利益は、ネット通販などの利用者が増えたことなどから、前年同期比で2.2倍、日本円でおよそ7,600億円と、四半期として過去最高益を更新した。

アマゾンは、同時にベゾスCEO(最高経営責任者)が2021年7月から9月期に退任し、会長職に就任すると発表した。

一方、グーグルの持ち株会社アルファベットも、動画サイト「ユーチューブ」の広告需要の拡大もあって、過去最高益となった。

1月に同時期の決算を発表したアップルやフェイスブック、マイクロソフトも過去最高益を記録していて、巣ごもり需要を反映した形。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース