「スペースX」試験機 再び爆発 月や火星に人運ぶ予定

国際 技術


宇宙企業「スペースX」が開発中の大型宇宙船の試験機が、爆発・炎上した。

アメリカ・テキサス州のスペースXの施設で2日、大型宇宙船「スターシップ」の試験飛行が行われた。

機体は、打ち上げに成功し、高度およそ10kmに到達した。

しかし、その後、着陸に失敗し、爆発炎上した。

同様の試験機は、2020年12月にも爆発する事故を起こしている。

「スターシップ」は、将来、月や火星に人や貨物を運ぶために、「スペースX」が機体の再利用を目指し開発中の大型宇宙船。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース