「タカノフルーツバー」閉店発表 惜しむ声 “駆け込み”で混雑も

経済・ビジネス 話題・トレンド 旅と暮らし


季節のカットフルーツやフルーツサンド、名物のオムレツなど、食べ放題で楽しめる「タカノフルーツバー」。

これまで、東京の新宿東口で、多くの女性たちを魅了してきた老舗が、突然の閉店を発表した。
その理由は。

みずみずしい高級果物の数々に、見た目にも美しいフルーツサンド。

60分の食べ放題を2,530円で提供している、東京・新宿にある人気ビュッフェ店「タカノフルーツバー」に関する、突然の知らせがもたらされた。

この閉店のニュースは、2日の夜には検索ワードでトレンド1位となり、SNS上でも話題となった。

はたして、3日はどんな状況になっているのか。

新宿駅前の一等地にある「タカノフルーツバー」の様子を観察してみると、閉店を惜しみ、次々と店を訪れる人の姿があった。

50代「こちらがなくなっちゃうということで、すごく残念です。大食いのわたしとしては」

50代「1時間前から並んで食べられました。すごくにぎわっていました」

ウェブサイトには、混雑を伝えるお知らせが急きょ載せられた。

タカノフルーツバーを運営するのは、1885年創業の老舗果物店「新宿高野」。

戦後には珍しかった外国産のフルーツを取り扱い、話題に。

そんな老舗果物店が1987年にオープンしたビュッフェ店が、「タカノフルーツバー」。

直営店ならではの鮮度の良さが話題となり、連日、大行列ができるほどの繁盛ぶり。

そして、もう1つ話題を呼んだのが。

男性の目線を気にせず、女性たちに食べ放題を楽しんでもらうため、当初は、女性専用。
男性は、女性と一緒にでしか利用できなかった。

今では、スイーツ好きの男性ファンも多く、3日も男性のタカノファンが、わざわざ駆けつけていた。

40代「奥さんとも結婚前にも来ていた場所だったので、残念」

広報によると、コロナの影響を受け、ビュッフェの業態を維持するのは難しいと判断したのが閉店の理由ということだが、「タカノフルーツパーラー」は売り場を拡張し、引き続き営業するという。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース