「乳がん」患者最多 世界で230万人


「乳がん」の患者数が、初めて最多になった。

WHO(世界保健機関)は2020年、世界全体で「乳がん」を患った人の数がおよそ230万人で、男女を合計したがんの部位別の患者数で最も多くなったと発表した。

過去20年間、1位は肺がんだったが、2020年は乳がんの患者数が全体の11.7%を占め、肺がんの11.4%を上回った。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース