緊張 警察学校で卒業式 目指した理由 リアル「教場」


金色のエンブレムが入った帽子を手に、真っすぐ前を見つめるのは、長崎市にある警察学校の卒業生、あわせて46人。

法律や逮捕術など、およそ10カ月間の厳しい訓練を乗り越え、2日に旅立ちの日を迎えた。

新型コロナウイルスの感染対策のため、外出の機会はいつもより制限されたという。

さらに、外部の講師による授業や柔道の組み手なども減らされた。

本部長賞 県知事賞・村田美咲巡査(19)「もともと運動神経がなかったので、体力面でみんなに追いつけるように、自主トレーニングを頑張ってきました」

県内各地の警察署に配属された、卒業生たち。

どんなことを胸に警察官を目指したのだろうか。

警察学校長賞・山代希美巡査(18)「高校生の時ですが、友達が犯罪の被害に遭って、その無念を晴らしたいという気持ちから警察官になりました」

時津署・山崎拓弥巡査(21)「県民の方に寄り添って理解して、自分が力になれるような刑事を目指しています」

それぞれが思う警察官の姿を見据え、交番勤務から第1歩を踏み出す。

(FNNプライムオンライン2月3日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース