ミャンマー当局 スー・チー氏を訴追 軍は正当化狙いか

国際


国軍のクーデターで軟禁されているアウン・サン・スー・チー氏が訴追された。

ミャンマーの警察によると、1日、クーデターを起こした軍がスー・チー氏の自宅を捜索したところ、違法に輸入した無線機が見つかり、許可なく使用していた疑いでスー・チー氏を訴追した。

軍としては、クーデターの正当化を狙ったものとみられ、スー・チー氏は、2月15日まで勾留されるという。

一方、最大都市のヤンゴンでは2日夜に続き、3日夜も市民が一斉に鍋をたたいたり国歌を歌うなどし、軍のクーデターに抗議の姿勢を示す動きが広がっている。

(FNNプライムオンライン2月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース