ICBM発射「ロケット工業節」 北朝鮮カレンダーで記念日に

国際


北朝鮮が4年前にICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した日について、「ロケット工業節」とする記念日に定めたことがわかった。

FNNが入手した北朝鮮の2021年のカレンダーで確認されたもので、11月29日には、これまでもあった「航空節」に加え、新たに「ロケット工業節」と示されていた。

北朝鮮は4年前のこの日、アメリカ本土の攻撃が可能とするICBMの「火星15型」を発射し、日本海に落下させていた。

金正恩(キム・ジョンウン)総書記は1月、「火星15型の試験発射成功で、核戦力の完成を世界に宣言した」と強調していて、今後も核・ミサイル開発を続ける姿勢を市民に示す狙いがあるものとみられている。

(FNNプライムオンライン2月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース