ミャンマーでフェイスブック遮断 軍への批判相次ぎ投稿

国際


クーデターが起きたミャンマーで、フェイスブック遮断。

最大都市ヤンゴンでは、3日夜も市民らが一斉に鍋をたたくなどして、クーデターに抗議の声を上げた。

こうした動きを封じ込めるため、ミャンマー当局は、携帯電話からのフェイスブックへの接続を2月7日まで遮断した。

フェイスブックは、ミャンマーで最も利用されているSNSで、軍への批判が相次いで投稿されている。

一方、第2の都市マンダレーでは4日、クーデター後、初めて街頭での抗議活動が行われた。

およそ20人の市民が横断幕を掲げるなどしたが、これまでに3人が逮捕されたとの情報が出ている。

(FNNプライムオンライン2月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース