自民党重鎮が苦言 菅首相“日本語正しく”


自民党の重鎮が、菅首相の「日本語」に苦言を呈した。

菅首相は、2日の記者会見で、自民党議員の深夜の会食問題について、「素直におわびを申し上げる次第でございます」と述べていた。

この言葉遣いについて、4日、伊吹元衆議院議長が問題視した。

自民党・伊吹元衆院議長「『素直に』というのは、言いたいことがいろいろあるけれど、それは封印して(いる場合)。だから、『率直におわびを申し上げます』、『心からおわびを申し上げます』が正しい日本語だと思う」

持論を唱えた伊吹氏は、「一国の総理にものを言わせるときは、美しい日本語で話をするように、ライターや官邸スタッフは注意してもらいたい」と苦言を呈した。

(FNNプライムオンライン2月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース