アストラとファイザー 2つのワクチン接種 イギリスで臨床試験

国際


「アストラゼネカ製」と「ファイザー製」。
2つを組み合わせた接種の臨床試験を開始。

イギリスのオックスフォード大学は4日、「アストラゼネカ」と「ファイザー」のワクチンを組み合わせて接種した場合の有効性などを調べる臨床試験を始めると発表した。

臨床試験には50歳以上の820人が参加する予定で、1回目と2回目の接種で異なるワクチンを接種し、順番も入れ替えて調べる。

また、接種の間隔を「4週間」と「12週間」に分け、その効果を検証する。

今回の臨床試験は、イギリス政府がおよそ10億円を拠出し、13カ月かけて行われる予定。

ワクチンの供給問題が起きる中、オックスフォード大学は「組み合わせることにより供給の柔軟性を高め、より多くの人が早く免疫を獲得することにつながる」と意義を強調している。

(FNNプライムオンライン2月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース