総務省幹部の1人 会食を認める 菅首相長男からの接待疑惑

政治・外交


菅首相の長男による総務省幹部への接待疑惑をめぐり、野党が国会で追及した。

この問題は、総務省の幹部4人が衛星放送関連会社に勤務する菅首相の長男から会食の接待を受けたと週刊文春が報じたもので、衆議院予算委員会で野党が菅首相を追及した。

立憲民主党・黒岩議員「総理のご子息は高級官僚の方と何をしていたのか」

菅首相「私の親族であるとはいえ、公的立場ではない一民間人に関するもの。本来このような場でお答えすべきことではない」

さらに菅首相は、「関わっていたのが誰であれ、国民から疑念を抱かれることのないように、総務省が事実関係を確認したうえで、ルールにのっとって対応してほしい」と語った。

報じられた幹部の1人である総務省の秋本情報流通行政局長は、会食を認めたうえで「確認できる範囲での返金を行っている」と述べた。

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース