森会長 女性めぐる発言を謝罪 辞任は否定 IOC「この問題は決着」

社会 スポーツ 東京2020


女性理事をめぐる自らの発言について、組織委員会の森会長が謝罪。

一方で、進退については、辞任する考えはないと話した。

4日午後2時すぎ、会見場に現れた東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)。

大会組織委・森会長「深く反省をしております。そして、発言をした件については、撤回をしたい。それから、不愉快な思いをした皆さまにはおわびを申し上げたい」

3日のJOC(日本オリンピック委員会)内での発言について、不適切な表現だったと陳謝し、発言を撤回した。

問題の発言があったのは、3日に開かれたJOCの臨時評議員会。

女性の理事を増やすというJOCの目標に対し、名誉委員として出席していた森会長はあいさつの中で、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。女性っていうのは、競争意識が強い。誰か1人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね。それでみんな発言されるんです」と発言。

この発言が、女性への差別や蔑視にあたるとして、海外の主要メディアも一斉に報じた。

ニューヨーク・タイムズ紙は、「東京オリンピックのトップが、会議への女性参加制限を示唆」と報道した。

AP通信は、「費用の増加や開催反対の声が上がっている東京オリンピックに新たな騒動が持ち上がった」と報道。

進退について問われると、森会長は、「辞任するという考えはありません。皆さんに邪魔だと言われれば、おっしゃるとおり老害が粗大ゴミになったのかもしれないから、そうしたら掃いてもらえればいいんじゃないですか」、「(大会組織委の会長に適任か?)さあ、あなたはどう思いますか」などと述べた。

今回の発言について、菅首相は、「あってはならない発言だと思っている」と述べた。

また、橋本オリンピック・パラリンピック担当相は、菅首相から指示を受け、森会長を注意したという。

橋本五輪相「(森会長に)昨日の発言について、『あってはならないことである』という考えを強く申し上げさせていただいた。森会長からは、今回の件については大変申し訳なかったという言葉が私にあった」

大会組織委員会から経緯の報告を受けたIOC(国際オリンピック委員会)は、4日夜、「森会長は謝罪した。この問題は決着したと考えている」との声明を発表した。

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース