森会長 謝罪も批判集中 「繰り返さないで」女性めぐる発言で閣僚から苦言


東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森会長による女性をめぐる発言と4日の謝罪会見について、5日の国会や記者会見で、閣僚などから発言が相次いだ。

立憲民主党・森山浩行議員「森会長の謝罪会見、逆ギレと報じられています。辞任をお願いするしかないんじゃないでしょうか」

菅首相「(五輪の)重要な理念である男女共同参画、そうしたことからも、まったく異なるものであり、私はきのう、あってはならない発言だと申し上げました」

菅首相は、森会長の会見の様子は見ていないとしたうえで、4日に橋本五輪相から森会長に政府の考え方を伝え、森会長から「大変申し訳なく、東京大会の成功に向けて最後まで努力したい」との発言があったと述べた。

加藤官房長官「東京オリンピック・パラリンピックは、日本国民もとより、世界の皆さんの協力と理解のもとで進められるべきもの」

上川法相「指導的地位に占める女性比率を30%にしようと、審議会やさまざまな分野で、そうした方向性にある。今回の発言でこうした流れがストップするということにならないように」

橋本五輪相「(森会長は)引き続き対応というものにしっかりとした努力をしてほしいと私は思います。同じことが繰り返されないように」

公明党・石井幹事長「総理までお務めになった方だから、ご自身の出処進退はご自身で判断されると思います」

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース