眞子さま “結婚延期”から3年 小室さん代理人 対応を検討


秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚延期が発表されてから、6日で3年がたつ。

金銭トラブルなどの報道に関して、小室さんの代理人は、あらためて説明する方向で検討を進めている。

眞子さまと小室圭さんの結婚をめぐっては、宮内庁が2018年2月6日、関連する行事を延期すると発表し、2020年11月には、眞子さまが結婚への強い意思を記した文書を公表された。

秋篠宮さまは、その後、結婚を初めて認めたうえで、「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」との認識を示され、翌12月には、宮内庁長官が金銭トラブルなどの報道に関して、「小室さん側が説明責任を果たすべき」と述べている。

これを受けて、小室さんの代理人は、あらためて経緯を説明する方向で検討を進めているという。

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース