超低温冷凍庫 各地の病院に 17日にもワクチン先行接種


医療従事者への先行接種に向けたワクチンを保管するための超低温冷凍庫が、各地の病院に運び込まれている。

東京・目黒区の東京医療センターには、5日午前11時ごろ、「ディープフリーザー」と呼ばれる超低温冷凍庫1台が運び込まれた。

この冷凍庫は、ワクチンの先行接種が行われる全国100の病院に送られ、ファイザーのワクチンをマイナス75度前後で保管することができる。

水戸医療センター・山口高史院長「コロナを収束させるための一番大事なツールだと思う。ワクチン接種に大事な1歩が踏み出せた」

政府は、2月17日にも医療従事者への先行接種を始めたいとしている。

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース