河井案里被告の有罪確定 5年間選挙で立候補禁止


参議院選挙をめぐる買収事件で、河井案里被告(47)の有罪判決が確定した。

河井案里被告は、2019年の参院選をめぐり、夫で、元法相の克行被告(57)とともに、地元議員を買収した罪で、1月21日に東京地裁で、懲役1年4カ月・執行猶予5年の判決を受けた。

案里被告は「判決には納得しかねる」とコメントしながらも、3日に議員辞職し、検察側・被告側双方が控訴せず、5日に有罪が確定した。

有罪確定によって案里被告の当選は無効となり、5年間選挙に立候補できない。

東京地検は、「早期確定を目指すべきで、控訴しなかった」としている。

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース