驚きのカメレオンを発見 一見普通のあること“世界一”

国際


アフリカ大陸の東に浮かぶ、世界で4番目に大きい島、マダガスカル島。

さまざまな生き物が息づく生物多様性の宝庫ともいわれる場所で、新たに見つかったのが、カメレオン。

一見、普通の姿だが、あることで世界一の可能性がある新種。

いったい何が世界一なのか。

なんと手乗りサイズならぬ、指乗りサイズ。
体長は、およそ2cm。

地球上で一番小さい爬虫(はちゅう)類の可能性がある。

つけられた名前は「ナノ・カメレオン」。

ミリの下のマイクロより小さい単位「ナノ」。

まさに、「名は体を表す」を地で行っている。

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース