小池知事も絶句の“森発言” 苦情200件以上 電話はやまず


「私自身も絶句した」。
東京都の小池百合子知事が、強い言葉で批判した。

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)の発言に対する、厳しい声が収まらない。

5日朝、東京都の小池知事が強い言葉で批判したのは、森会長の発言だった。

小池都知事「そもそもあの発言は、私自身絶句した。あってはならない発言だった。みんな慣れているけど、世界から見たらやっぱり変ですよね」

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森会長。
「女性がたくさんいる理事会は時間がかかる」などの発言をした。

東京オリンピック・パラリンピック組織委 森会長「深く反省しております」

IOC(国際オリンピック委員会)は4日、声明で、「森会長は謝罪をした。この問題は決着したと考えている」と表明した。

しかし、決着どころか、波紋は広がるばかり。

東京都には、「森会長を辞めさせろ」などの苦情が5日正午までに200件以上寄せられ、電話が鳴りやまない状態だという。

小池都知事「ボランティア辞退の話とか、抗議の電話がたくさん来ていると聞いている」

FNNの取材では、5日正午までに、14人のボランティアが辞退を申し出ているという。

ボランティアを予定していた男性「森会長の差別的な意識とか思想っていうところに、賛同してしまうことになるんじゃないかと感じて、辞めようと思いました」

一方、小池知事は、森会長から電話があり、「申し訳ない」と陳謝されたことを明かした。

ただ、定例会見で小池知事は、記者からの質問に答えを詰まらせる場面もあった。

記者「女性蔑視ととれる発言をする森会長を、大会トップとして続投を容認する?」

小池都知事「大会の開催をどう可能にしていくか、それを最大のポイントとして進めていきたい」

また、JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長は、「不適切な発言だった」としたうえで、「最後までまっとうしていただきたい」と表明。
森会長の続投を望んでいた。

この問題は、5日の国会でも、くすぶり続けていた。

共産党・藤野衆院議員「総理、(森会長を)辞任させるべきでは?」

菅首相「内閣総理大臣にその権限はない。ただ、私自身はあってはならない発言だと発信した」

一方、森会長の出身派閥の一員である自民党幹部は擁護した。

自民党・世耕参院幹事長「(森会長は)やはり余人をもって代えがたいところがある。森さん以外に誰か、この五輪開催を推進できる方がいるのでしょうか」

(FNNプライムオンライン2月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース