農産物輸出 8年連続過去最高 米や鶏卵が好調

経済・ビジネス


コロナ禍で家庭消費が増加し、8年連続で過去最高を更新。

農林水産省が発表した2020年の農林水産物・食品の輸出額は、9,223億円と、前の年に比べ1.1%増え、8年連続で過去最高を更新した。

農産物が11.7%増えた一方、水産物は20.8%減った。

品目別では、新型コロナウイルス感染拡大により、外食から家庭消費にシフトしたことで、「米」や「鶏卵」が好調だった。

一方、香港の宝飾展示会の中止により、「真珠」が大きく減少したほか、外食需要の低迷などにより、「ホタテ貝」が落ち込んだ。

輸出先では、香港が最も多く、中国、アメリカと続いた。

(FNNプライムオンライン2月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース