児童施設 変異株クラスター 10歳未満の子ども6人含む


新型コロナ変異ウイルスの職場クラスターが発生した埼玉県で、今度は児童が通う施設で、変異ウイルスのクラスターが発生していることがわかった。

濃厚接触者は61人にのぼる。

埼玉県会見「英国において報告された変異した新型コロナウイルス感染症が、本県において、さらに11例確認された」、「(変異株のクラスターが発生?)集団的な感染という意味では、そのように認識している」

イギリス由来で感染力の強い変異ウイルスへの感染が確認されたのは、埼玉県在住でイギリス滞在歴のない10歳未満の子ども6人を含む、男女11人。

このうち10人は、県内の同じ施設に通う10歳未満の子どもや職員、保護者で、この施設で変異ウイルスのクラスターが発生したとみられている。

濃厚接触者は61人にのぼる。

埼玉県では、これまでに、同じ職場の関係者12人が変異ウイルスに感染した職場クラスターが発生しているが、今回の感染者との接点はなく、感染源はわかっていない。

(FNNプライムオンライン2月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース