“ワクチン接種”対応など協議 全国知事会

政治・外交 社会 暮らし 医療・健康


緊急事態宣言の延長などを受け、全国知事会は6日朝、緊急の対策会議を開き、ワクチン接種に向けた課題への対応などについて協議した。

三重県・鈴木英敬知事「(ワクチン接種を実施する)市町村の皆さんが最も頭を悩ましているのが医師の確保」

青森県・三村申吾知事「今から新たにマイナンバーとの連携を求めることを検討していると言っているが、業務負担の増加を招くおそれがある」

出席者からは、ワクチン接種に向けた人員や資材確保のための国や市町村の連携の必要性に加え、ワクチンの情報や接種計画について、国の十分な情報公開を求める声が相次いだ。

提言案では、日本に住む外国人の感染拡大を防ぐため、ワクチン接種に向けた多言語対応の整備なども求めている。

このほか、提言案では、新型コロナウイルス対応の関連法改正を受けた運用のガイドラインなどを早期に示すよう国に求めている。

(FNNプライムオンライン2月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース