ヤンキースタジアムでワクチン接種開始 アメリカ

国際


メジャーリーグのヤンキースの本拠地が、巨大なワクチン接種会場になった。

アメリカ・ニューヨークのヤンキースタジアムでは5日、感染者が多く出ている地元「ブロンクス地区」の住民を対象にワクチン接種が始まった。

接種に来た人「ワクチンを接種したくて3週間待った。予約がとれてうれしい」

住民には黒人やヒスパニック系が多く、最初の1週間で最大1万5,000人が接種を受ける予定。

(FNNプライムオンライン2月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース