多くの繁華街で人出増加 「宣言延長」から初の週末


緊急事態宣言の延長が発表されてから最初の土曜日となった6日の人出は、多くの繁華街で増加した。

ソフトバンクの子会社「Agoop」が分析したデータによると、6日の東京の午後3時時点の人出は、前の4週の同じ時間の平均と比べて、渋谷駅で12.7%増加したほか、浅草駅で24.2%、秋葉原駅で16.5%、お台場で16.5%など、ほとんどの地域で増加した。

さらに午後8時時点では、秋葉原駅で26.5%、お台場で23.2%、銀座駅で20.3%、渋谷センター街で20.2%増加するなど、増加幅が2割を超えたところが多くあった。

また、ほかの宣言対象地域の、愛知・名古屋、大阪、福岡でも、日中の人出に増加傾向が見られた。

(FNNプライムオンライン2月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース