千葉で鳥インフル今季7例目 森田知事「封じ込めはかる」


千葉県で、今季7例目となる、鳥インフルエンザが確認された。

森田知事「今回の大規模農場での鳥インフルエンザの発生により、県内で使用する採卵鶏の3割を殺処分という緊急事態になっている」

千葉県によると6日、多古町の養鶏場で、ニワトリ6羽が死んでいるのが見つかり、検査の結果、鳥インフルエンザウイルスが検出されたという。

この養鶏場で飼育されているニワトリおよそ115万羽を処分するため、千葉県は、陸上自衛隊に災害派遣要請をした。

県内で確認された鳥インフルエンザは、今回で7例目で、100万羽を超える処分が相次いでいることから、森田知事は「早期、かつ確実にウイルス封じ込めをはかる」としている。

(FNNプライムオンライン2月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース