勤務先のみずほ銀行から5200万円を盗んだ疑い 行員だった女逮捕


勤務先のみずほ銀行から、現金およそ5,200万円を盗んだ疑いで、行員だった女が警視庁に逮捕された。

一関晴代容疑者(40)は、東京・港区のみずほ銀行広尾支店に勤務していた2017年から2019年にかけて、十数回にわたって、顧客に対するローン名目で、支店の金、あわせておよそ5,200万円を引き出して盗んだ疑いが持たれている。

一関容疑者は、勝手に顧客の名前を使って虚偽の書類を作成し、上司の承認を得て、金を引き出していた。

警視庁の調べに対し、一関容疑者は「ストレスで洋服を買いに行ったり、海外旅行に出かけたりしていたため、それらの支払いに充てた」と供述している。

(FNNプライムオンライン2月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース