遭難相次ぎ 1人意識不明 バックカントリースキーで... 北海道


整備されていない雪山などを滑るバックカントリースキーの遭難が、北海道で相次いでいる。

札幌市の定山渓で、6日にバックカントリースキーに入ったまま行方不明になっていた会社員・杉山稔さん(53)が、7日に雪穴の中で発見され、意識不明の重体。

また小樽市でも、6日からバックカントリーに入った男性(58)が、7日朝に救助され、けがなどはないという。

(FNNプライムオンライン2月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース