自宅療養者支援チームが始動 安否確認や買い物など代行

社会


新型コロナウイルスの自宅療養者を支援するチームの運用が始まった。

神奈川・海老名市は、5日から自宅療養者支援チームの運用を開始。

1日2回の電話での安否確認のほかに、親族などからの支援が困難な場合に、食料品などの買い出しやゴミ出しなどを代行するという。

(FNNプライムオンライン2月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース