全国で1631人感染 東京6日ぶり500人以下


7日に全国で新たに確認された新型コロナウイルスへの感染者は1,631人だった。

東京都で新たに感染が確認されたのは429人で、1日の新規感染者数が500人を下回るのは6日ぶり。

7日は、6人の死亡が確認されたほか、重症者は6日から3人減って111人だった。

また、石川県では飲食店クラスターの13人を含む30人の感染が確認され、1日の感染者としては過去最多となった。

一方、大阪府では新たに117人の感染が確認され、直近1週間の新規感染者数は平均で193人だった。

府は、緊急事態宣言の解除を国に要請するための「7日連続で新規感染者の週平均が300人以下、または重症病床の使用率が60%未満」という独自の基準を設けている。

8日にも新規感染者の条件を満たす可能性がある一方、重症病床の使用率は7日連続で60%を上回っている。

このほか、埼玉県で187人、神奈川県で164人など、全国では1,631人の感染と52人の死亡が確認された。

また、6日までの全国の重症者は795人で、1月6日以来、およそ1カ月ぶりに800人を下回った。

(FNNプライムオンライン2月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース