ワクチン接種“日本の遅れ” 「感染者数少なく、治験データ不足」 菅首相が説明

政治・外交 社会 医療・健康


菅首相は8日の衆議院予算委員会で、国内でのワクチン接種の開始が諸外国に比べて遅れているとの指摘について、治験のデータ数が不足していることなど、複数の要因があると説明した。

菅首相「わが国は、感染者数が欧米諸国の1桁以上少なく、治験での発症者数が集まらなくて、治験の結果が出るまでかなり時間が要するということが1つ」

また菅首相は、ワクチンの効力について、「人種差が想定されるため、日本人を対象として一定の治験を行う必要がある」と述べ、「ワクチンの有効性と安全性に配慮した結果、時間を要した」と説明した。

(FNNプライムオンライン2月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース